福井県フェンシングの歴史 



日本では、明治7年に軍刀術として紹介されたのが始まりで、昭和10年に、日本フェンシング協会の前身である大日本フェンシング協会が設立されました。その後剣道出身者を中心として次第に全国へ広がっていきました。特に、昭和39年の東京オリンピック以来飛躍的な発展を遂げ、現在では小学生からベテランまでその競技者の幅はますます広がっています。

 

 福井県では、昭和38年に国体・インターハイに初出場し、昭和40年の岐阜国体では少年男子の部フルーレで優勝しました。そして、翌年の秋田インターハイ男子フルーレで熊野則雄(高円宮杯FWC福井大会実行委員会事務局長)が優勝し、昭和46年には圓山詩郎がミュンヘン五輪日本代表に選ばれました。その後も各種大会で好成績をあげ、全国に福井県フェンシングの名を広めました。

 最近では、平成10・12年の全国高校選抜大会及び岩手・熊本インターハイで女子団体では
福井県立武生商業高校が優勝。また、岩手インターハイ女子個人エペで武生商業高校斉藤美晴、フルーレで谷本絵梨が優勝し、熊本インターハイの女子個人フルーレでも巻下陽子が優勝しています。そして、平成13年には、武生商業高校出身中川規子(日体大)と内藤絵理奈(専修大)が日本代表入りを果たしています。

 特に、武生市出身中川規子(日体大3年)は、今年、福井県女子ではじめて世界選手権選抜入りを果たし、高円宮杯ワールドカップ福井大会での好成績が期待されています。