最近の地元選手の活躍

第11回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会で中野選手(武商)、橋脇選手(藤島)が初優勝!

 1月9日〜12日に開催された第11回JOC大会(兼2004年ジュニア・カデ・フェンシング選手権最終選考会)で武生商業の中野望選手がジュニア女子エペで、藤島高校1年の橋脇和史選手がカデ男子エペで、見事、初優勝を果たしました。また、巻下陽子選手はジュニア女子フルーレで昨年に引き続き、3位と健闘しました。

 この大会は(財)日本オリンピック委員会及び(社)日本フェンシング協会がジュニア強化対策の一環として、ジュニア競技の資質向上を図り、将来オリンピック大会や世界選手権等において活躍できる選手の発掘・育成を目的として開催される大会です。   最終成績はこちらです。

 今後とも、地元選手の活躍を期待しています。

          <用語解説>
  * カデ部門(14歳以上〜17歳未満)

  * ジュニア部門(17歳以上〜20歳未満)
 
静岡国体でフェンシング少年女子初V !! 

 第58回国民体育大会秋季大会が静岡県各地で開かれ、福井県勢として武生商業高校子の今井敦子、藤池真理恵、中野希望の3人で挑んだフェンシング少年女子がフルーレで念願の初優勝を果たしました。

 準々決勝の福岡、準決勝の千葉と強豪チームを下し決勝へ進出。そして、岐阜との決勝では、2−0のストレートで見事勝利を収めました。

 福井県勢がフェンシングの団体戦を制したのは、1977年の青森国体成年男子のフルーレ、エペの優勝以来、26年ぶりの快挙です。

  関連記事はTOPページでご覧下さい。

今後とも、地元選手の活躍を期待しています。
2003年世界選手権、ご苦労様でした!!

 キューバで開催された2003年フェンシング世界選手権大会(十月三〜十一日)に日本代表として参加した武生商業高校出身の山本幸治(23)=福井クラブ、中川規子(21)=日体大、内藤絵理奈(21)=専修大=、ご苦労様でした。

 この経験を生かし、次のステップとして頑張ってください。  成績はこちら
 
 今後とも、地元選手の活躍を期待しています。
   
2003年フェンシング世界選手権大会日本代表選手に、武商出身の3選手!!

 2003年フェンシング世界選手権大会(十月三〜十一日、キューバ)の日本代表選手に、いずれも武生商業高校出身の山本幸治(23)=福井クラブ、中川規子(21)=日体大、内藤絵理奈(21)=専修大=の3人が選ばれました。

 女子フルーレに出場の中川選手は、同選考会で2位、5月のユニバーシアード日本代表選考会でも2位の好成績を収めて、昨年に続いて2度目の代表入りです。

 男子サーブルの山本選手は、昨年十一月の全日本学生個人選手権で優勝。今年二月の世界選手権最終選考会で6位に入り、欧州遠征を経て代表4選手の1人に選ばれました。 

また、女子サーブルの内藤選手は、世界選手権代表選考会で5位、ユニバーシアード代表選考会で3位に輝き、山本選手と共に初の代表入りです。  関連記事はこちらです。

  今後とも、地元選手の活躍を期待しています。 

2003年世界ジュニア・カデ・フェンシング選手権大会 選手団決定!

 4/4〜13にイタリアのシシリー・トラパニで開催される上記大会の日本代表選手団が決定し、巻下陽子選手(中央大)がフルーレ女子のジュニア選手に、武生商業の中野希望選手がエペ女子のカデ選手に選出されました。
 また、選手団のコーチには、武生商業高校教諭でフェンシング部長の諸江 克昭氏が選出されました。

 * 選手団の名簿はこちら

 今後とも、地元選手の活躍を期待しています。 
2003年世界フェンシング選手権大会 最終選考会!

 2/8〜11に東京厚生年金スポーツセンターで開催された上記選考会で中川規子選手(日体大)が女子フルーレで2位に入り、ナショナルチームのメンバーに選出されました。また、女子サーブルで内藤 絵理奈選手(専修大)が5位、男子サーブルで山本 幸治選手(専修大)が6位となり、準ナショナルチームのメンバーとなりました。なお、梅田 弘子選手(中京大)は8位となり、準ナショナルチームのメンバー候補となっています。

 *選考会の結果はこちら

 今後とも、地元選手の活躍を期待しています。
第10回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会!

 1/10〜13に駒沢オリンピック公園総合体育館で開催された上記大会(2003年ジュニア・カデ・フェンシング選手権大会最終選考会も兼ねる)で、武生商業高校出身の巻下陽子選手(中央大)は女子フルーレでカデ(14〜16才)時代からの4連覇は残念ながら逃しましたが、ジュニア(17〜19才)で3位となりました。

 また、カデ女子エペで武生商業高校の中野希望選手が3位、カデ女子サーブルで清水千晴選手(武生商業)が4位、また、カデ男子サーブルで大橋健太選手(武生商業)が5位と健闘しました。* 成績の詳細はこちらへ。

 今後とも、地元選手の活躍を期待しています。
2003年世界フェンシング選手権大会 第2次選考会!

 昨年12月21日から24日にかけて開催された上記選考会において、福井県出身の二選手が上位に入り、最終選考会への出場資格を獲得しました。出場資格を得た選手は次の選手です。* 成績の詳細はこちらへ

     関西の部
         女子エペ    2位     梅田 弘子選手(中京大)
         女子フルーレ 3位     笛吹 祥恵選手(同志社大)

  最終選考会での活躍を期待しています。
      
第52回 全日本大学選手権大会 PART2!

 11/7からに開催された上記大会の最終日が10日京都府で行われ、女子サーブル団体戦で武生商業高校出身の内藤 絵理奈選手(専修大)が出場した全試合で勝利を収めるなど活躍し、専修大が連覇を果たしました。

  今後とも、地元の選手の活躍を期待しています。
第52回 全日本大学選手権大会!

 11/7に開催された上記大会の男子サーブル個人戦において、武生商業高校出身の山本 幸治選手(専修大)が優勝しました。これは10月の関東学生選手権の男子サーブル個人戦に続く2個目の栄冠です。
 
 山本選手は、来年度の世界選手権(キューバ)に出場する4人のメンバー入りを目指し、今後の更なる活躍が期待されています。

 今後とも、地元の選手の活躍を期待しています。
第54回 関東学生フェンシング選手権!

 10/1〜6、駒沢球技場で開催された上記大会で、武生商業高校出身の巻下陽子選手(中央大)が3位に、中川規子選手(日体大)が5位に入賞しました。

 また、女子サーブル個人戦で、同じく武生商業高校出身の内藤 内藤 絵理奈選手(専修大)が3位に入りました。

 男子サーブル個人戦では、武生商業高校出身の山本 幸治選手(専修大)が優勝、男子エペ個人戦で同じく武生商業高校出身の山下 大輔(専修大)が3位に入りました。

                      種目及び成績

     <女子フルーレ個人>            <女子サーブル個人>
        優勝  藤原 仁美(早稲田)       優勝    斎野 純子(専修大) 
        
2位   平田 京美(専修大)       2位     黒崎 志保(日体大)
        
3位   巻下 陽子(中央大)        3位     内藤 絵理奈(専修大) 
        4位   生田 裕美(日大)
        5位   中川 規子(日体大)          

 今後とも、地元の選手の活躍を期待しています。
平成14年度 関東大学学生フェンシング新人戦!
 
 9/25.26、駒沢球技場で開催された上記大会で、武生商業高校出身の巻下陽子選手(中央大)が女子個人戦2種目で優勝しました。

   種目及び成績

        <女子フルーレ個人>              <女子サーブル個人> 
      優勝  巻下 陽子(中央大)          優勝  巻下 陽子(中央大)
       2位  山本 愛子(日体大)          2位  松木 夕佳(早稲田)
       3位  田島 和香(早稲田)          3位  石井 久美子(日女大)

 今後とも、地元の選手の活躍を期待しています。
第23回牧杯ジュニア選手権兼来年度ジュニア世界選手権第1次選考!
 
 9/21.22、京都府で開催された上記大会で、前回の覇者である武生商業高校出身の巻下陽子選手(中央大)が準優勝、笛吹祥恵選手(同志社大)が3位となりました。
 
 また、男子では武生商業高校の小川智也選手がベスト16入りを果たしました。

 大会はフルーレの個人戦で、男女305人が出場する中での成績です。

 今後とも、地元の選手の活躍を期待しています。