第55回 全日本選手権大会!


 11月28日〜12月1日、静岡県伊東市において、第55回全日本選手権大会が開催されました。
開会式では、21日ご逝去された高円宮憲仁殿下へ黙祷を捧げ、選手および関係者は喪章をつけての大会となりました。

 大会には、福井県より武生商業高校の山添愛子選手・神崎 瞳選手の2人と、武生商業出身で「第52回全日本大学選手権大会」男子サーブル個人戦優勝の山本幸治選手(専修大)、同じく武生商業出身の中川規子選手(日体大)と内藤絵理奈選手(専修大)の5人が出場しました。

 個人戦では、男子サーブルで山本幸治選手(専修大)が3位に、女子サーブルで中川規子選手(日体大)が5位、内藤絵理奈選手(専修大)がベスト16と健闘しました。
 
 また、団体戦では女子フルーレで中川規子選手の日本体育大学が優勝、また、山本幸治選手と内藤絵理奈選手の専修大学が男子・女子サーブル団体で準優勝しました。

 大会の最終結果につきましてはこちら(日本フェンシング協会HP)をご覧下さい。

開会式です! 競技ピストと審判器!
大会ポスター! 山本幸治選手(専修大学)
中川規子選手(日本体育大学) 内藤絵理奈選手(専修大学)
山添愛子選手(武生商業3年) 神崎 瞳選手(武生商業3年)
同級生の内藤選手と中川選手! 熊野組織委員会事務局長も激励に!